更年期とは~年齢やホルモンの変化について

更年期とは、閉経を挟む前後10年間くらいの期間のことを言います。ただし更年期は女性に限らず、男性にも該当する期間です。年齢で言うとだいたい45歳から55歳だとされていますが、個人差はあります。更年期の年齢には、心身に様々な不調が出やすくなります。これがいわゆる更年期障害と呼ばれる状態です。どうしてこのような不調が引き起こされるのかと言うと、ひとつは性ホルモンの分泌の著しい変化が訪れるためです。たとえば女性であれば、この分泌量が減少したり、そのバランスが崩れることで精神的には苛々しやすくなったり、憂うつな気分を抱きやすくなります。肉体的には疲れやすくなったり、冷えのぼせのような状態になったり、頭痛や肩こりに悩まされたりします。一方、男性であればこれが減少することで、精神的には意欲の減退や集中力の欠如、苛々などが出やすくなると言われています。肉体的にも疲れやすくなったり、性機能の低下などが出やすくなります。更に性ホルモンは、疾病を予防するための役割も果たしています。ですからその分泌量やバランスが乱れることによる、特定の疾患にかかるリスクが高くなることも明らかにされています。そしてもうひとつの理由としては、自律神経の乱れが引き起こされることが挙げられます。自律神経とは、人間の意思ではどうすることもできない部分の体の機能を担っている神経です。この神経は、脳の視床下部と呼ばれる部位でコントロールされているのですが、視床下部では同時に性ホルモンも調節されています。そのため、性ホルモンの乱れが引き起こされると、その影響を受けて自律神経の働きも乱れやすくなり、結果として様々な不調が引き起こされると言う具合です。こうした状態を解消するためには、ひとつは専門の治療を受けることが有効とされています。しかし自律神経は、生活習慣の乱れ、ストレスに非常に敏感な神経です。そのことから、毎日、質の良い睡眠をとるように心がけること、肉体的、精神的なストレスを避けるようにするだけでも、症状が改善されることもあります。最近では、このような更年期の不調が若い年齢の人に出てきていることも多くなっています。これは生活習慣の乱れや、仕事や家庭のストレス、また極端なダイエットによる食事量の不足、栄養バランスの乱れが原因とされています。若い内からそのような状態のままでいると、年齢を重ねた時により不調が強くなって出てきてしまう可能性も高くあります。ですから、若い内から自分の体の状態に気を配るのは、とても大切なことです。更年期サプリランキングをチェックする